「伝え合う力」を育てる双方向型作文学習の創造

書誌事項

「伝え合う力」を育てる双方向型作文学習の創造

大内善一著

(21世紀型授業づくり, 16)

明治図書出版, 2001.3

タイトル読み

ツタエアウ チカラ オ ソダテル ソウホウコウガタ サクブン ガクシュウ ノ ソウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 30

内容説明・目次

内容説明

本書での提案は、これまでの作文指導の在り方を見つめ直すところから始まった。学級という集団の場で行われている「書くこと」の活動があまりにも“個”に埋没し過ぎていたのではないか、という問題点を取り出している。双方向型作文学習を、教育現場において積極的に創り出していくために、具体的な実践事例を取り上げて、その手順や方法を提示した。

目次

  • 1 「伝え合う力」を高める双方向型作文学習の提唱(「コミュニケーション」という用語の危うさ;「コミュニケーション」という用語に関わる歴史的背景 ほか)
  • 2 双方向型作文学習の構想(「コミュニケーション作文」という用語の曖昧性;「コミュニケーション作文」における“双方向型”の作文学習事例 ほか)
  • 3 従来型の作文学習を双方向型作文学習に変える(簡単な挿し絵をもとに友達同士で“お話”作り;お互いの思いを“手紙”に託す ほか)
  • 4 双方向型作文学習の創造(「ラジオドラマのシナリオ」作りで双方向型作文学習;「連詩」作りで双方向型作文学習 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51906031
  • ISBN
    • 4183464102
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    162p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ