書誌事項

反「人権」宣言

八木秀次著

(ちくま新書, 298)

筑摩書房, 2001.6

タイトル別名

反人権宣言

タイトル読み

ハン ジンケン センゲン

大学図書館所蔵 件 / 144

内容説明・目次

内容説明

王は神を追放し、人はその王を、「人権」の名のもとに排除した。それは「人権」が、民族や宗教、国家すらも超えた、普遍的なものであると考えられたからである。その結果、「人権」に異を唱えるだけで差別主義とされかねない空気が広がり、私たちの日常生活は様々な混乱に見舞われている。「人権」の歴史をたどりながら、それが生み出しつつある転倒した現実を解明し、新たな視点を提示する。

目次

  • 第1部 「人権」という考えはどう作られたか(「権利」はいつ生まれたか;「人権宣言」という虚構)
  • 第2部 現代日本の「人権」状況(「人権」が無軌道な子供を作り出す;「人権」が家族の絆を脅かす;「人権」が女性を不幸にする)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52399937
  • ISBN
    • 4480058982
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    204p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ