書誌事項

三つの文化 : 仏・英・独の比較文化学

ヴォルフ・レペニース [著] ; 松家次朗, 吉村健一, 森良文訳

(叢書・ウニベルシタス, 710)

法政大学出版局, 2002.2

タイトル別名

Die drei Kulturen : Soziologie zwischen Literatur und Wissenschaft

タイトル読み

ミッツ ノ ブンカ : フツ エイ ドク ノ ヒカク ブンカガク

大学図書館所蔵 件 / 238

注記

原著(Wien : Carl Hanser Verlag, 1985)の全訳

人名・事項索引: 巻末p1-46

引用出典: 巻末p47-76

内容説明・目次

内容説明

フランス、イギリス、ドイツにおける社会学と自然科学と文学との相互関係。19世紀以降、近代産業社会の解釈と「人生学」をめぐって繰り広げられた社会科学的知識人と文学的知識人との間の抗争・論争を膨大な文献を渉猟して跡づけたレペニースの代表作。

目次

  • 第1部 フランス編(オーギュスト・コントの変遷—初期実証主義における科学と文学;アガトンと他の人々—世紀の変わり目のフランスにおける文学と社会学)
  • 第2部 イギリス編(事実と感情の陶冶—ジョン・スチュアート・ミル;書かれざりしロマン—ベアトリス・ウェッブ;社会学の代用としてのユートピア小説—H.G.ウェルズ;隠された社会学—十九世紀と二十世紀のイギリス文芸批評のテーマ)
  • 第3部 ドイツ編(職人にして、そのうえ詩人W.H.リール;ドイツ・イデオロギーとしての科学敵視と文学信仰;ドイツの特殊性—詩作と文学の対立 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ