古代エジプトの秘薬 : ピラミッドを考案した人たちが作りゾサー王やツタンカーメンも使った薬

著者

    • 大沢, 弥生 オオサワ, ヤヨイ

書誌事項

古代エジプトの秘薬 : ピラミッドを考案した人たちが作りゾサー王やツタンカーメンも使った薬

大澤彌生著

エンタプライズ , 産学社 (発売), 2002.3

タイトル読み

コダイ エジプト ノ ヒヤク : ピラミッド オ コウアンシタ ヒト タチ ガ ツクリ ゾサーオウ ヤ ツタンカーメン モ ツカッタ クスリ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

参考文献一覧: p299-300

内容説明・目次

内容説明

世界最古のパピルス紙に克明に書きしるされたヒエログリフによる『カフン古典』など、12の医学古文書から解き明かす秘薬のナゾ—古代エジプト薬学事始。

目次

  • 植物性の薬物(アイ;アカシア;アカシアの樹脂 ほか)
  • 動物性の薬物(イカの甲;イヌ(狩猟犬);ウシ(牛) ほか)
  • 鉱物性の薬物(亜鉛化合物;アルミニウム化合物;鉄化合物 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56462194
  • ISBN
    • 4782520611
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    xi, 303p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ