書誌事項

東海編

加納俊介, 石黒立人編

(弥生土器の様式と編年)

木耳社, 2002.6

タイトル読み

トウカイヘン

大学図書館所蔵 件 / 55

内容説明・目次

内容説明

近畿と関東をつなぐ東海道筋の広域編年がようやく全体像をあらわした。本書は伊勢湾から相模湾にかけての各地域の編年を収録。各地の若手研究者達が最新の調査資料を網羅して、現在の編年研究の到達点を示した。弥生時代の地域間関係をめぐる議論の起爆剤になること必至。今後の編年研究必携の書。

目次

  • 第1部 各地域の様式と編年(伊勢・伊賀地域;美濃(飛騨)地域;尾張地域;三河地域;遠江・駿河地域;相模地域)
  • 第2部 総論(編年研究をめぐる若干の問題;弥生土器の系統研究について;様式編年の対照について)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA57329021
  • ISBN
    • 4839377685
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    886p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ