「快楽」都市遊泳術 : クラブシャングリラの予言

書誌事項

「快楽」都市遊泳術 : クラブシャングリラの予言

立川直樹, 森永博志[著]

(講談社+α文庫)

講談社, 1998.12

タイトル読み

カイラク トシ ユウエイジュツ : クラブ シャングリラ ノ ヨゲン

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

「シャングリラの予言」(1995年刊)の改題

内容説明・目次

内容説明

氾濫する情報の渦のなか、大人には大人の「粋な愉しみ」がある。五感をつかって遊ぶ愉しさを知れば、それだけで快楽人生のはじまり。夢喰う男たちが、今宵も繰り広げる悦楽の世界—いわく「新しいも古いもなくなっていく世紀末、カッコいいか、面白いか、すべてはこのふたつ」—と。「エスクァイア」日本版で伝説的存在として人気を博した「クラブシャングリラ」。ユーミン、ムッシュとの新対談を加え、装いも新たに甦る。

目次

  • 週に一度はジャンク・フードを食べたい
  • 古本屋の親爺と会話する愉しさ
  • ベッドがひとつにテレビがひとつ、あとは本が積んであるだけの生活
  • 彼らは生きながらにしてモッズ
  • わかったふりをせず、自分のスタンスで堂々と
  • 芸術家はだらしないものだ、なんて通用しない〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59165708
  • ISBN
    • 406256307X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    439p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ