三島文学の原型 : 始原・根茎隠喩・構造

書誌事項

三島文学の原型 : 始原・根茎隠喩・構造

テレングト・アイトル(艾特)著

日本図書センター, 2002.9

タイトル別名

三島文学の原型 : 始原・根茎隠喩(ルートメタファー)・構造

三島文学の原型 : 始原根茎隠喩構造

三島由紀夫初期作品における構造と根茎隠喩 : 「酸模」から『仮面の告白』まで

三島由紀夫初期作品における構造と根茎隠喩 : 酸模から仮面の告白まで

タイトル読み

ミシマ ブンガク ノ ゲンケイ : シゲン ルート メタファー コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

博士論文『三島由紀夫初期作品における構造と根茎隠喩-「酸模」から『仮面の告白』まで-』(東京大学, 1998年)をもとにしたもの

参考文献: p425-432

内容説明・目次

内容説明

本書では文化の壁を乗り越えることで日本文学の議論をしようとしている。そうした議論の中で、三島文学がどう見えるか、そして三島文学の発展過程がどうなっていたかが議論される。小説家は処女作へ向かって成熟するという言葉がある。三島もその例外ではなかった。さなぎが蝶に変身するように、新芽から葉が伸びるように、三島文学も処女作から展開し、開花した。それでは三島文学にどのような原型があり、それがどのように発展していったのか、それがここでの議論の眼目である。

目次

  • 第1章 プリミティヴ—構造と根茎隠喩(「酸模」の梗概;エピグラフ ほか)
  • 第2章 検証—形成の過程(「座禅物語」「鈴鹿抄」「暁鐘聖歌」;「館」 ほか)
  • 第3章 定着—構成・構造の戯れ(「花ざかりの森」の構成;中核的機能体としてのシークェンス ほか)
  • 第4章 完結—変奏と予兆(考察への導入;『仮面の告白』の構成 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59248940
  • ISBN
    • 4820566199
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    440p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ