書誌事項

犯罪に挑む心理学 : 現場が語る最前線

笠井達夫, 桐生正幸, 水田恵三編

北大路書房, 2002.12

タイトル読み

ハンザイ ニ イドム シンリガク : ゲンバ ガ カタル サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 203

注記

引用文献・参考文献: p228-239

内容説明・目次

内容説明

本書は、初学者のために丁寧にわかりやすく説明した「犯罪心理学」の書物。「犯罪心理学」に興味をもつすべての方々が満足できるよう、生の犯罪事象に接している、もしくは接したことのある実務家や研究者が執筆。個々の犯罪者の心理を探り、理解と改善に貢献する個性記述的な臨床心理、矯正心理学的アプローチを中心とした「犯罪心理学」ばかりではなく、犯罪という現象に対する心理学の様々なアプローチの総体を「犯罪心理学」と考え、本書は編集されている。

目次

  • 第1部 現代の犯罪心理学(犯罪に挑む人たち;捜査の現場—事件は現場で起きている;鑑別と矯正の現場 ほか)
  • 第2部 犯罪心理学の方法と理論(犯罪とは何か;犯罪心理学へのアプローチ;心の世界から犯罪を見る—臨床心理学 ほか)
  • 第3部 これからの犯罪心理学(犯罪心理学はもっとおもしろくなる;犯罪心理学の展望)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA60029616
  • ISBN
    • 4762822884
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 243p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ