老いの思想 : 古人に学ぶ老境の生き方

書誌事項

老いの思想 : 古人に学ぶ老境の生き方

安西篤子著

草思社, 2003.5

タイトル読み

オイ ノ シソウ : コジン ニ マナブ ロウキョウ ノ イキカタ

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

順境であれ逆境であれ、老いもまた一つの闘いである。孔子、世阿弥、武蔵、ゲーテなど、人生の達人はいかに老境を乗り切ったか。

目次

  • 吉田兼好と「徒然草」—忘れることこそ老境の上手な処し方
  • 世阿弥と「風姿花伝」「至花道」「花鏡」—老後の初心忘るべからず
  • 宮本武蔵と「五輪書」「独行道」—剣豪が死に臨んで考えたこと
  • 孔子と「論語」—老いにも気づかぬ一途な生き方
  • 「十八史略」と「資治通鑑」に見る則天武后—政治には賢臣を、身辺には美少年を
  • 詩作から見た李白—最晩年、心ならずも謀叛の罪を負った大詩人
  • ラ・ロシュフコーと「箴言集」—大の女好きが若さを失ったとき
  • ゲーテと「ゲーテ格言集」—年を取るとは新しい仕事につくこと
  • アンドレ・モロアと「私の生活技術」—年を取るとは不思議なことである
  • 新井白石と「折たく柴の記」—老いを自覚するとき人は来し方を振り返る
  • 根岸鎮衛と「耳袋」—朝寝ものぐさ物わすれ、それこそよけれ世にたらぬ身は
  • 宮本常一と「家郷の訓」—日本人は老いとどう向き合ってきたか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62439641
  • ISBN
    • 4794212100
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    239p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ