帝国を壊すために : 戦争と正義をめぐるエッセイ

書誌事項

帝国を壊すために : 戦争と正義をめぐるエッセイ

アルンダティ・ロイ著 ; 本橋哲也訳

(岩波新書, 新赤版 852)

岩波書店, 2003.9

タイトル別名

The algebra of infinite justice

War is peace

War talk

Democracy

Come September

Confronting empire

The ordinary person's guide to empire

Instant-mix imperial democracy : buy one, get one free

タイトル読み

テイコク オ コワス タメ ニ : センソウ ト セイギ オ メグル エッセイ

大学図書館所蔵 件 / 483

注記

Power politics(South End Press, 2001), War talk(South End Press, 2003)のなかから選出した6つの文章と,新聞等に発表された文章2つを翻訳したもの

内容説明・目次

内容説明

二〇〇一年九月一一日以降、暴力と偽善が世界を覆い尽くしている。ブッカー賞受賞のインド人女性作家アルンダティ・ロイは、その直截だがしなやかな文体で、アフガン戦争やイラク戦争、インドの核問題などに批判の声を挙げ、帝国に抵抗する全ての人々に希望と勇気を与えてきた。海外で大反響を呼んだ八篇のポリティカル・エッセイを収載。

目次

  • 「無限の正義」という名の算術
  • 戦争とは平和のことである
  • 戦争のお話—核爆弾で楽しむ夏の家族ゲーム
  • 民主主義の女神—彼女はたしかにこの地にいるはず、でも誰も彼女のことを知らない
  • 来たれ、九月よ
  • 「帝国」に抗して
  • 民衆のための「帝国」ガイド
  • 帝国製インスタント民主主義—ひとつ買うと、もうひとつただで貰えるインスタント食品はいかが?

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ