産業空洞化はどこまで進むのか : 中国の挑戦・日本の課題

書誌事項

産業空洞化はどこまで進むのか : 中国の挑戦・日本の課題

叶芳和編著

日本評論社, 2003.12

タイトル読み

サンギョウ クウドウカ ワ ドコマデ ススム ノカ : チュウゴク ノ チョウセン ニホン ノ カダイ

大学図書館所蔵 件 / 155

注記

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

“世界の工場”と化した中国。生産から研究開発まで海外移転が進む日本。製造業の空洞化はさらに加速するのか。各業種の実態をふまえ、空洞化に強い産業・弱い産業を検証する。

目次

  • 第1部 総論(産業空洞化論を斬る;対日直接投資—日本経済構造改革の要;アジアにおける比較優位構造の変化と空洞化問題;技術進化の現状と意義—モジュール化を中心に)
  • 第2部 各論(繊維—事業転換による生き残り(卒業業種その1);自動車部品—高品質・開発力・デリバリの優位性で生き残り可能;IT(情報技術)—中期ビジョンの確立が鍵;情報家電—「選択と集中」によるサバイバル戦略 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ