畑が父の研究室だった : ある農夫による社会論・政治論

著者

    • 近藤, 一 コンドウ, ハジメ

書誌事項

畑が父の研究室だった : ある農夫による社会論・政治論

近藤一著

碧天舎, 2003.2

タイトル読み

ハタケ ガ チチ ノ ケンキュウシツ ダッタ : アル ノウフ ニ ヨル シャカイロン セイジロン

内容説明・目次

内容説明

ただひたすら農業を愛し、土に生涯を終えた著者の父。だが、彼はひそかに幾編もの論文を遺し、社会改革・政治改革を訴えていた。本書には、その論文を収録した。

目次

  • 第1部 社会体制と政治についての一考察(社会体制と政治についての一考察;日本の道、社会党の道)
  • 第2部 あらたな土をもとめて(あらたな土をもとめて;私の期待する日本像;椎本における地名と伝承について;文化財と教育)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65031240
  • ISBN
    • 4883461742
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    133p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
ページトップへ