C型肝炎診療 : F分類と線維化進展スピードの理解による

書誌事項

C型肝炎診療 : F分類と線維化進展スピードの理解による

小俣政男著

メディカルトリビューン, 2003.2

タイトル読み

Cガタ カンエン シンリョウ : Fブンルイ ト センイカ シンテン スピード ノ リカイ ニ ヨル

大学図書館所蔵 件 / 11

内容説明・目次

目次

  • 第1章 日常診療のなかで、肝癌ハイリスクの患者さんをいかに見出すか?(肝癌の80%以上がC型肝炎;C型肝炎の病気の流れ(自然史)に対する理解;線維化進展スピード(Fibrosis Progression Rate)に対する理解)
  • 第2章 C型肝炎治療(今までのインターフェロン(IFN)治療によってもたらされた成果;治療のための必要3条件;ウイルス駆除療法以外の治療)
  • 第3章 F分類と線維化進展スピードに基づく、C型肝炎の患者さんへの説明(1)(職場・家庭内でのC型肝炎感染についての質問に対して)
  • 第4章 F分類と線維化進展スピードに基づく、C型肝炎の患者さんへの説明(2)(治療方針について;インターフェロン治療について;肝硬変治療と癌の再発防止)
  • 第5章 日常診療のなかで(肝臓病での病診連携;国をあげてのC型肝炎対策)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA6648199X
  • ISBN
    • 489589259X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    102p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ