サルの社会とヒトの社会 : 子殺しを防ぐ社会構造

書誌事項

サルの社会とヒトの社会 : 子殺しを防ぐ社会構造

島泰三著

大修館書店, 2004.7

タイトル読み

サル ノ シャカイ ト ヒト ノ シャカイ : コゴロシ オ フセグ シャカイ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

和文引用文献: p293-300

内容説明・目次

内容説明

日本霊長類研究の第三世代に属する著者は、餌場でなく野生状態での調査を重ね、ニホンザルからマダガスカルの原猿類の社会構造を探究してきた。長い研究生活の中で見えてきたものは…。

目次

  • 1 あるオスの追放—タイゾウの物語
  • 2 ニホンザルの社会—日本霊長類学の転換点に立って
  • 3 子殺し—その背景にある人間社会の影響
  • 4 壊れた行動—種の行動原理の枠組が壊れたときに現れる
  • 5 メス優位社会—マダガスカルの原猿類
  • 6 類人猿の社会—ヒトに至る多様な構造
  • 7 人間の社会—「真」の社会の秘密
  • 資料 日本の霊長類学と私の道

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA67901219
  • ISBN
    • 4469212881
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 309p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ