書誌事項

CGクリエータになるには

越川彰彦著

(なるにはBooks, 76)

ぺりかん社, 2004.9

タイトル読み

CG クリエータ ニ ナル ニワ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

「CGクリエイターになるには」(1996年刊)の改題改訂

内容説明・目次

内容説明

「CG」と聞いて、どんな職場を思い浮かべるでしょう?TV業界?それとも映画の現場でしょうか。もちろん、映像業界では大活躍です。でも、コンピュータグラフィックスの活躍の場はそれにとどまりません。インダストリアルデザイン、ファッション、ウェブ…。業界横断的なCGクリエータの仕事を紹介しましょう。

目次

  • 1章 ドキュメント映像のマジックに魅せられて(バーチャルスタジオ「所さんの目がテン!」—梶田直孝さん・日本テレビアート クリエイティブ本部CG部;監督への夢を実現させたVFXクリエータとはいったい?—山崎貴さん・株式会社白組;ゲームデザイナー夏の甲子園の感動を忠実に再現—斎藤雅志さん・アートディンク)
  • 2章 CGクリエータの世界(CGってなに?—2次元から3次元、アニメーションまで、CGには無限の可能性がある;CGの歴史—短期間にこんなに進化した画像芸術;インダストリアルデザイン・世界的ブランドThinkPadをデザインする—嶋久志さん・日本アイ・ビー・エム株式会社 ほか)
  • 3章 なるにはコース(適性と心構え—好きならとことんがんばってみよう、自分を見つめることも大切;どう学ぶか—独学か学校か、よりも、やる気が大切;就職の実際—特殊技能でなくなったCG、実力をつけ、はばたこう ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ