検証・ガス化溶融炉 : ダイオキシン対策の切札か

書誌事項

検証・ガス化溶融炉 : ダイオキシン対策の切札か

津川敬著

緑風出版, 2004.8

増補版

タイトル別名

検証ガス化溶融炉 : ダイオキシン対策の切札か

タイトル読み

ケンショウ ガスカ ヨウユウロ : ダイオキシン タイサク ノ キリフダ カ

大学図書館所蔵 件 / 39

内容説明・目次

内容説明

世界がダイオキシン対策として、ごみ焼却施設の増設中止・縮小、ごみの減量・分別・リサイクルへと向かう中で、日本は大型ごみ焼却炉の大量建設、24時間連続焼却という政策を打ち出した。その切札としてにわかに脚光を浴びはじめたのが、ガス化溶融炉だ。今回、導入後のトラブル、事故の検証を通して、予想された問題点をより明らかにしている。今後のごみ問題を考える上での必読の書だ。

目次

  • 厚生省のごみ処理広域化計画とガス化溶融炉
  • 第1部 主要メーカーの技術を検証する(トップランナーの威信—新日鉄;“二番手企業”の市場戦略—NKK;技術評価書第一号の重み—三井造船 ほか)
  • 第2部 ごみ処理広域化・大型化に揺れる郷土と住民(港湾と鉄の町で—北海道室蘭市;厚生省が仕掛けた?広域化計画—大阪府能勢町;産炭地の疲弊と溶融炉建設—福岡県田川市 ほか)
  • 何が問題なのか
  • ガス化溶融炉問題の現在

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA68604649
  • ISBN
    • 4846104125
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    243p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ