書誌事項

インターネット安全活用術

石田晴久著

(岩波新書, 新赤版 917)

岩波書店, 2004.10

タイトル読み

インターネット アンゼン カツヨウジュツ

大学図書館所蔵 件 / 488

注記

付録 インターネット関連の法律: p239-244

内容説明・目次

内容説明

本格的なブロードバンド時代を迎え、いまや日本人の半数以上がインターネットを利用している。ホーム・バンキングやIP電話など、利用法は広がる一方、セキュリティや倫理面など新たな問題が表面化している。誰もが無意識のうちに被害者にも加害者にもなってしまう。インターネットに潜む危険性を指摘し、その対策を具体的に解説する。

目次

  • 1章 インターネットの効用と危うさ
  • 2章 インターネットが引き起こす社会問題
  • 3章 ウィルスと不正侵入
  • 4章 多機能になったセキュリティ対策ソフトウェア
  • 5章 新たな脅威—スパイウェアとピーツーピー
  • 6章 個人による情報の保護と電子政府
  • 7章 企業におけるセキュリティ対策
  • 8章 インターネットの課題
  • 9章 インターネットから身を守るための一〇ヶ条
  • 付録 インターネット関連の法律

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ