苦しみを通して神に近づく : 叫び、嘆き、心で語り、思い巡らす-詩篇七七篇

書誌事項

苦しみを通して神に近づく : 叫び、嘆き、心で語り、思い巡らす-詩篇七七篇

上沼昌雄著

いのちのことば社, 2004.10

タイトル読み

クルシミ オ トオシテ カミ ニ チカズク : サケビ ナゲキ ココロ デ カタリ オモイメグラス シヘン ナナジュウナナヘン

大学図書館所蔵 件 / 3

内容説明・目次

内容説明

「神は、いつくしみを忘れたのだろうか」衰えていく肉体、愛する者との別れ、ままならない現実、行く手を阻む暗闇…詩篇記者の叫びと潜心に、恢復の希望を読む。

目次

  • 1 「叫び」(ただ叫ぶだけ;叫びの響き ほか)
  • 2 「嘆き」(叫んだことで;苦しみの夜に ほか)
  • 3 「心と語り」(苦しみの言葉;苦しみの中で思い起こす ほか)
  • 4 「思い巡らす」(神の賜物としての記憶;神を思い巡らす ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ