対人的信頼感の発達 : 児童期から青年期へ : 重要な他者間での信頼すること・信頼されること

書誌事項

対人的信頼感の発達 : 児童期から青年期へ : 重要な他者間での信頼すること・信頼されること

酒井厚著

川島書店, 2005.2

タイトル別名

対人的信頼感の発達 : 児童期から青年期へ : 重要な他者間での信頼すること信頼されること

タイトル読み

タイジンテキ シンライカン ノ ハッタツ : ジドウキ カラ セイネンキ エ : ジュウヨウ ナ タシャカン デノ シンライ スルコト シンライ サレルコト

大学図書館所蔵 件 / 146

注記

博士論文「対人的信頼感に関する発達心理学的研究」 (平成14年度 早稲田大学) をまとめたもの

文献: p171-178

内容説明・目次

内容説明

私たちが「信頼」という言葉からイメージしやすいのは、自分が相手を“信頼している”という感覚である。しかし、他者、とりわけ家族や親友、恋人などの重要な他者との間に良好な信頼が成り立つには、自分がその相手から“信頼されている”という感覚も同時に持てることが必要である。本書は、個人が“重要な他者に抱く信頼感”はこの2つの感覚モードから構成されるという視座から、子どもが重要な他者に抱く“信頼している”感覚と“信頼されている”感覚はどのように発達していくのか、その感覚の形成にはどのような要因が関わっているのか、遺伝的要因なのか環境要因なのか、さらに対人的信頼感は精神的健康や社会への適応にどのように関わるのであろうか等を考察していく。児童期から青年期における対人的信頼感についての発達心理学研究の基本書。

目次

  • 1 対人的信頼感に関する研究の概観(対人的信頼感研究の概観;子ども期の対人的信頼感に関する最近の動向;本書における対人的信頼感の定義と本研究の目的)
  • 2 対人的信頼感についての実証的研究(児童期から青年期における対人的信頼感の測定;対人的信頼感の発達的変化;子どもが親に抱く信頼感の形成要因;子どもの日常生活への適応を支える対人的信頼感:ストレスフル・イベンツとの関連から)
  • 3 まとめ(子ども期の対人的信頼感研究の発展に向けて)
  • 4 補遺(対人的信頼感をめぐる萌芽的研究)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ