書誌事項

日本語の手ざわり

石川九楊著

(新潮選書)

新潮社, 2005.5

タイトル読み

ニホンゴ ノ テザワリ

大学図書館所蔵 件 / 165

内容説明・目次

内容説明

石川九楊はこう主張します。ローマ字入力して漢字に変換するパソコンのシステムは、手書きと違って、適切な言葉を生み出す思考の流れを妨げる。横書きは、文字や文体を変え、日本語のあり方を変える。パソコンやインターネットは、軍事通信技術の廃物利用であり、人間同士が言葉をやりとりするために開発された道具ではない。いま著者が世に贈る警醒の書。

目次

  • 第1章 言葉と文字
  • 第2章 漢字と東アジア
  • 第3章 日本語と文字
  • 第4章 漢字と日本語
  • 第5章 仮名と日本語
  • 第6章 漢語と和語の日本語
  • 第7章 縦書きと日本語
  • 第8章 日本文化と文字
  • 第9章 日本語と文字の行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72189176
  • ISBN
    • 9784106035487
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    185p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ