儀礼と神観念の起原 : ディオニューソス神楽からナチス神話まで

書誌事項

儀礼と神観念の起原 : ディオニューソス神楽からナチス神話まで

石塚正英著

論創社, 2005.12

タイトル別名

The origin of rite and god‐idea : from the Dionysos kagura (the court dance and music) to the Nazism myth

タイトル読み

ギレイ ト カミカンネン ノ キゲン : ディオニューソス カグラ カラ ナチス シンワ マデ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

主要参考文献: p222

内容説明・目次

内容説明

ギリシア神話、フォイエルバッハの唯物論的宗教論、日本神話と縄文土偶、天の岩戸神話、石造文化など、“神的存在”にかかわる民俗を身体=儀礼をキーワードにして検討する労作。

目次

  • 第1章 身体のドローメナ—デーメーテールとディオニューソス
  • 第2章 フォイエルバッハの唯物論的宗教論—神は儀礼から生まれた
  • 第3章 縄文土偶と記紀神話—破壊される神々
  • 第4章 演劇・芸能の始まり—素顔から仮面へ
  • 第5章 石の民俗文化誌または神仏虐待儀礼
  • 第6章 神話の中の族外婚—ヤチホコ・ヌナカハヒメを事例に
  • 第7章 歴史における神話のアクチュアリティ
  • 補論 聖書翻訳における訳語選定事情

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74724838
  • ISBN
    • 4846003124
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 226p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ