つながるいのち : 生物多様性からのメッセージ

著者

    • 日本環境ジャーナリストの会 ニホン カンキョウ ジャーナリスト ノ カイ

書誌事項

つながるいのち : 生物多様性からのメッセージ

日本環境ジャーナリストの会著

山と溪谷社, 2005.12

タイトル別名

つながるいのち : 生物多様性からのメッセージ

タイトル読み

ツナガル イノチ : セイブツ タヨウセイ カラ ノ メッセージ

大学図書館所蔵 件 / 53

内容説明・目次

内容説明

「生物多様性」をキーワードに、各界の識者・文化人の声を収録。

目次

  • 営み(内山節(山村の哲学者)—伝統的な「村」の営みと生きものの世界;佐藤洋一郎(植物遺伝学者)—農業と里の多様性の復権を;佐藤昭人(藍師)—天然の色を後世に伝える)
  • いのち(南正人(ピッキオ社長)—「クマとの共存」を請負う会社;羽山伸一(日本獣医畜産大学助教授)—現場で働くプロを育て、人の手で自然の復元を ほか)
  • こころ(那須正幹(児童文学者)—子どもを魅了する「昆虫少年」の心;小久保隆(環境音楽作曲家・音環境デザイナー)—自然の織りなす調和を伝えたい;萱野茂(萱野茂二風アイヌ資料館館長)—アイヌの心が教えてくれるもの)
  • 地球(岩槻邦男(兵庫県立人と自然の博物館館長)—地球は種と種がつながる生命系;柴田敏隆(コンサベーショニスト)—『沈黙の春』から「故郷」の再生へ;加藤尚武(哲学者)—時代や地域を問わない「万物一体」の環境思想;レスター・ブラウン(環境経済学者)—中国の経済成長でアマゾンの生物が危ない;毛利衛(宇宙飛行士・日本科学未来館館長)—宇宙で見つけた人と生命のゆくえ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75294235
  • ISBN
    • 4635310213
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    247p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ