投票方法と個人主義 : フランス革命にみる「投票の秘密」の本質

書誌事項

投票方法と個人主義 : フランス革命にみる「投票の秘密」の本質

田村理著

創文社, 2006.1

タイトル別名

投票方法と個人主義 : フランス革命にみる投票の秘密の本質

タイトル読み

トウヒョウ ホウホウ ト コジン シュギ : フランス カクメイ ニ ミル トウヒョウ ノ ヒミツ ノ ホンシツ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

史料・文献一覧: 巻末p5-13

内容説明・目次

内容説明

なにゆえ「投票の秘密」は厳格に要請されるのだろうか?秘密投票制は、「近代選挙法の公理」とみなされてきた。まさにそれ故に関心をよせられることのなかったこの問いは、近代における個と共同体、個人と民主政治のあり方を考える絶好の素材を提供する。秘密投票制をいちはやく憲法原則として規定したフランス革命を舞台に、固定観念に捕われることなく、「投票の秘密」という憲法原理が、どのように、なぜ、定着していったかをダイナミックに描いた本書は、憲法学、歴史学の双方にあらたな視座を提示し、近代個人主義また近代そのものを改めて問いなおす。

目次

  • 序章 「投票方法」が描きだすもの—本書の課題
  • 第1章 喝采による投票 vote par acclamation—全員一致主義と多数決の導入
  • 第2章 秘密投票 scrutin secret—発声投票の自覚的排除
  • 第3章 発声投票 vote `a haute voix—「自由人の投票方法」
  • 第4章 「投票の秘密」の憲法への定着—一七九五年憲法と「投票の秘密」
  • 終章 投票方法と個人主義—まとめにかえて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ