20世紀におけるペルシア伝統芸術音楽の伝承

書誌事項

20世紀におけるペルシア伝統芸術音楽の伝承

阪田順子著

冬至書房, 2006.6

タイトル別名

20世紀におけるペルシア伝統芸術音楽の伝承

20世紀におけるペルシア伝統芸術音楽の伝承

タイトル読み

20セイキ ニオケル ペルシア デントウ ゲイジュツ オンガク ノ デンショウ

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

参考文献: p211-239

内容説明・目次

目次

  • 第1章 ペルシア伝統芸術音楽の基礎概念(定義;分類 ほか)
  • 第2章 20世紀におけるペルシア音楽伝承の始まり(出発点ミルザー・アブドッラー;カジャール朝末期の宮廷音楽風景)
  • 第3章 ペルシア音楽の近代化と「センター」(20世紀初頭より始まる二つの流れ;近代音楽の父ヴァジーリー ほか)
  • 第4章 結論(口承歴史を踏まえて;ハタミ政権下の状況変化と21世紀の展望)
  • 補充資料(本書に関する音楽家調査結果;用語解説 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA77717442
  • ISBN
    • 4885821428
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    265p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ