奥の細道・芭蕉を解く : その心匠と空間の謎

書誌事項

奥の細道・芭蕉を解く : その心匠と空間の謎

安原盛彦著

鹿島出版会, 2006.12

タイトル別名

Reading haiku poet Bashō from narrow roads to Oku

奥の細道芭蕉を解く : その心匠と空間の謎

タイトル読み

オク ノ ホソミチ バショウ オ トク : ソノ シンショウ ト クウカン ノ ナゾ

大学図書館所蔵 件 / 41

注記

参考文献: p191

内容説明・目次

内容説明

芭蕉は歌枕の地をたどりつつ旅をしている。古代から日本に歌枕という空間が全国に拡がっていた。その場特有の景色があり、しかも永々と詠まれてきた歌を持っていた。日本の空間である。『奥の細道』を場所性、空間性に視点をあて読むことで、全くあたらしい芭蕉論、『奥の細道』論を企てた。それは旅空間、『奥の細道』空間の発見である。

目次

  • 第1章 芭蕉の旅空間(時間・空間;旅の意味;俳諧への旅立ち;門人という方法)
  • 第2章 奥の細道空間読解(場・空間と句;『奥の細道』の道空間に空けられた異次元空間;奥羽空間へ入る;無句から句作へ;外部空間と内部空間へ ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA79882971
  • ISBN
    • 9784306093836
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 191p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ