書誌事項

倚りかからず

茨木のり子著

(ちくま文庫, [い-32-2])

筑摩書房, 2007.4

タイトル読み

ヨリカカラズ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

茨木のり子著作目録: p134-136

1999年10月筑摩書房より刊行されたものに「球を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の3篇を増補したもの

内容説明・目次

内容説明

「もはや/いかなる権威にも倚りかかりたくはない/ながく生きて/心底学んだのはそれぐらい/じぶんの耳目/じぶんの二本足のみで立っていて/なに不都合のことやある/倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ」。強い意志とナイーヴな感受性によって紡ぎだされた詩集『倚りかからず』に「球を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の詩3篇と高瀬省三氏のカット16点を添えて贈る瀟洒な一冊。

目次

  • 木は旅が好き
  • あのひとの棲む国
  • 鄙ぶりの唄
  • 疎開児童も
  • お休みどころ
  • 店の名
  • 時代おくれ
  • 倚りかからず
  • 笑う能力
  • ピカソのぎょろ目
  • 苦しみの日々 哀しみの日々
  • マザー・テレサの瞳
  • 水の星
  • ある一行
  • 球を蹴る人
  • 行方不明の時間

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81564924
  • ISBN
    • 9784480423238
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    136p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ