地方債改革の経済学

書誌事項

地方債改革の経済学

土居丈朗著

日本経済新聞出版社, 2007.6

タイトル読み

チホウサイ カイカク ノ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

参考文献: p293-296

内容説明・目次

内容説明

「夕張ショック」だけでなく、いま、多くの自治体が過剰な債務に苦しんでいる。「三位一体」改革による地方分権推進策では不充分だ。地方債制度を抜本的に見直す「四位一体」改革を構想し、多くの具体的なアイデアを提示する意欲作。

目次

  • 第1章 地方財政の危機—なぜ地方債はこんなに増えたのか
  • 第2章 地方債は自治体に何をもたらしたか
  • 第3章 借り手意識を持たない地方債の構造
  • 第4章 自治体は破綻しないのか
  • 第5章 諸外国に学ぶ:地方債の比較制度分析
  • 第6章 地方債制度の新たな動き
  • 第7章 今後の地方債改革に向けて—政策提言

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82297914
  • ISBN
    • 9784532133344
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 296p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ