日本の近代化と北海道

書誌事項

日本の近代化と北海道

永井秀夫著

北海道大学出版会, 2007.6

タイトル読み

ニホン ノ キンダイカ ト ホッカイドウ

大学図書館所蔵 件 / 127

注記

著作目録: p383-393

内容説明・目次

内容説明

明治国家の支配構造を内面的に深めることにより、国家形成と支配体制全体の見取図を描くことを目指した、永井史学の核心部分がここにある。

目次

  • 第1章 北海道史の研究と時代区分(近代北海道史研究の発展;北海道史の前近代と近代;北からの明治維新)
  • 第2章 北海道の開拓政策と移住(北海道庁の設置;日本資本主義成立期の開拓政策;北海道移住と府県の状況;華士族と北海道開拓)
  • 第3章 北海道の自由民権運動(北海道の自由民権運動;北海道民権運動の特質;函館地方の民権運動;札幌初期の新聞;史料からみた民権運動)
  • 第4章 北海道と辺境論(北海道と沖縄;差別と同化の位相;「監獄部屋」労働の社会的背景;北海道と辺境論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82495281
  • ISBN
    • 9784832966796
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    札幌
  • ページ数/冊数
    xiv, 396p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ