派遣労働と人間の尊厳 : 使用者責任と均等待遇原則を中心に

書誌事項

派遣労働と人間の尊厳 : 使用者責任と均等待遇原則を中心に

大橋範雄著

(大阪経済大学研究叢書, 第57冊)

法律文化社, 2007.10

タイトル読み

ハケン ロウドウ ト ニンゲン ノ ソンゲン : シヨウシャ セキニン ト キントウ タイグウ ゲンソク オ チュウシン ニ

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

ドイツ連邦共和国労働者派遣法 (1972年10月施行、最終改定2006年11月7日): p187-197

内容説明・目次

内容説明

ドイツ派遣法の考察を通して日本の派遣労働の問題点と派遣法の課題を明らかにする。

目次

  • 第1章 わが国における雇用就労形態の多様化と問題点
  • 第2章 わが国の1999年派遣法改正の特徴—派遣対象業務のポジティブリスト方式からネガティブリスト方式への転換
  • 第3章 わが国の2003年改正派遣法の特徴と問題点
  • 第4章 ドイツ派遣法の改正過程と派遣労働の現状
  • 第5章 ドイツにおける派遣法の弾力化と均等待遇原則
  • 第6章 派遣先事業所における派遣労働者の保護—従業員代表委員会の関与権と選挙権

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83472270
  • ISBN
    • 9784589030450
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 208p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ