日本人が大切にしてきた季節の言葉

書誌事項

日本人が大切にしてきた季節の言葉

復本一郎著

(青春新書intelligence, PI-186)

青春出版社, 2007.11

タイトル読み

ニホンジン ガ タイセツ ニ シテ キタ キセツ ノ コトバ

大学図書館所蔵 件 / 33

注記

おもな参考文献: p186-187

内容説明・目次

内容説明

「桜狩」「山笑う」「蚊遣火」「草いきれ」「風薫る」「虫時雨」「紅葉かつ散る」「ふくら雀」「沫雪」…なんて豊かで美しい表現だろう。

目次

  • 第1章 暮らしにまつわる季節の言葉(春愁;春灯 ほか)
  • 第2章 時候にまつわる季節の言葉(春の曙;料峭 ほか)
  • 第3章 動植物にまつわる季節の言葉(獺祭;春告鳥 ほか)
  • 第4章 天候にまつわる季節の言葉(斑雪;別れ霜 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83690577
  • ISBN
    • 9784413041867
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    187p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ