書誌事項

わが零戦の栄光と悲劇

坂井三郎著

(だいわ文庫)

大和書房, 2007.8

タイトル別名

ゼロ戦の栄光と悲劇

タイトル読み

ワガ ゼロセン ノ エイコウ ト ヒゲキ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

「ゼロ戦の栄光と悲劇」 (講談社 1966年4月刊) を新編集、改題したもの

年譜あり

内容説明・目次

内容説明

ガダルカナル上空で、敵弾に目、頭、左手、左足をやられ、死に直面しながらも最後まで生きる努力を怠らなかった撃墜王坂井三郎。絶体絶命の危機を乗り越え、愛機零戦とともに奇跡の生還を果たした。過酷な戦争のさなか築き上げた戦友たちとの友情、命の尊さ、はかなさ、戦争の悲しさ…。坂井の思い、叫びが、長い時を超えて、いま一字一句によみがえる。

目次

  • 第1章 零戦、太平洋へ
  • 第2章 不屈のラバウル魂
  • 第3章 ガダルカナル空中戦
  • 第4章 死の千キロ飛行
  • 第5章 戦列をはなれて
  • 第6章 片目の硫黄島空中戦

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ