日本のケーブルテレビに求められる「地域メディア」機能の再検討

書誌事項

日本のケーブルテレビに求められる「地域メディア」機能の再検討

川島安博著

学文社, 2008.1

タイトル別名

日本のケーブルテレビに求められる地域メディア機能の再検討

タイトル読み

ニホン ノ ケーブル テレビ ニ モトメラレル チイキ メディア キノウ ノ サイケントウ

大学図書館所蔵 件 / 57

注記

引用・参考文献: p202-220

内容説明・目次

内容説明

ケーブルテレビは、山間僻地における地上テレビ放送の難視聴解消を目的とした共同受信施設として生まれ、その後、技術的進展や施設運営の事業化によって大規模・双方向型システムへと発展した。本研究は、変容下における日本のケーブルテレビが社会的に求められる機能のうち、「地域メディア」としての機能について再検討を行う。

目次

  • 第1章 ケーブルテレビに求められる「地域メディア」機能の再検討
  • 第2章 日本におけるケーブルテレビの歴史的経緯
  • 第3章 地域メディアの機能
  • 第4章 地域メディアの位置づけの変化
  • 第5章 送り手(事業者)におけるケーブルテレビ像
  • 第6章 送り手(事業者)からみた現在のケーブルテレビ像
  • 第7章 受け手(加入者)に視点をおいた先行研究にみるケーブルテレビの機能
  • 第8章 受け手(加入者)からみたケーブルテレビ像
  • 第9章 ケーブルテレビの「地域メディア」機能の再検討と将来展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ