書誌事項

内と外からのまなざし

星野勉編

(国際日本学とは何か?)

三和書籍, 2008.3

タイトル別名

From the inside and the outside perspectives

タイトル読み

ウチ ト ソト カラ ノ マナザシ

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

奥付のタイトル(誤植): 「内と外からからのまなざし」

文献: 論文末

内容説明・目次

内容説明

本書は、国際シンポジウム「日本学とは何か—ヨーロッパから見た日本研究、日本から見た日本研究」の研究成果を取り纏めたものである。

目次

  • 1 日本研究、「内」と「外」からのまなざし(知識の生産、内発的vs外発的;境界を越えて—文化人類学的日本研究の場合;人類学者たちとその地域—ヨーロッパ/日本的アプローチに関する諸考察 ほか)
  • 2 日本文化、「内」と「外」からのまなざし(ヨーロッパと日本に於ける空間と時間の知覚—文化相対主義の弁護;日本思想史のあり方を考える—丸山眞男論を通じて;ヨーロッパの博物館・美術館保管の日本コレクションと日本研究の展開 ほか)
  • 3 日本文化をひらく(国民国家をめぐる民族学と民俗学—柳田国男からの展開;言葉から見える江戸時代の多様な人々;一揆・祭礼の集合心性と秩序—百姓一揆絵巻『ゆめのうきはし』を素材にして ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85783420
  • ISBN
    • 9784862510341
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 316p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ