イチローの脳を科学する : なぜ彼だけがあれほど打てるのか

書誌事項

イチローの脳を科学する : なぜ彼だけがあれほど打てるのか

西野仁雄著

(幻冬舎新書, 076)

幻冬舎, 2008.3

タイトル別名

イチローの脳を科学する : なぜ彼だけがあれほど打てるのか

タイトル読み

イチロー ノ ノウ オ カガク スル : ナゼ カレ ダケ ガ アレホド ウテルノカ

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

参考・引用文献: p179-181

内容説明・目次

内容説明

2007年、大リーグ入団以来7年連続で「200安打100得点30盗塁以上」を達成し、ゴールドグラブ賞を受賞したイチロー。世界最高の選手である彼のプレーを制御する脳は、いったいどうなっているのか?卓抜したセンスを持ちながらも「努力の人」であるイチローに、彼の脳はどう応えているのか?イチローの少年時代から現在までの行動と活躍を追いながら、人間の脳の働きと発達のメカニズムが自然にわかる、もっともやさしい脳科学の本。

目次

  • 第1章 数字で見るイチローの驚異(7年連続の200安打達成;偉業で見るイチローのプロフェッショナル ほか)
  • 第2章 イチローの活躍を脳生理学から考える(大脳皮質の構造と働き;大脳辺縁系とは何か ほか)
  • 第3章 脳と心(遺伝子と環境の相互作用;心はどこにあるのか? ほか)
  • 第4章 進化するイチローの脳(イチローにとってWBCは何だったか;連続盗塁の失敗と再挑戦 ほか)
  • 第5章 DNAと脳(意識・無意識とセレンディピィティ;人間にも起こる「休眠打破」 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85918916
  • ISBN
    • 9784344980754
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    181p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ