私の体を通り過ぎていった雑誌たち

書誌事項

私の体を通り過ぎていった雑誌たち

坪内祐三著

(新潮文庫, つ-18-2)

新潮社, 2008.6

タイトル読み

ワタシ ノ カラダ オ トオリスギテ イッタ ザッシ タチ

大学図書館所蔵 件 / 25

内容説明・目次

内容説明

古い雑誌を眺めれば、その頃の記憶が、時代の空気が、甦ってくる。小学生時代、夢中になったプロレス雑誌。中学ではじめて定期購読を経験した映画雑誌。高校ではロックに目覚め音楽雑誌を読みふけり、大学ではついにミニコミ誌でライターとしてデビュー。1960年代から80年代。雑誌が一番面白かったあの頃の全34誌を思い出と共に振り返る、資料としても貴重な極私的青春クロニクル。

目次

  • 小学校時代(一九六五‐一九七一)—雑誌が私の学校だった(初めて買った雑誌は『冒険王』と『少年画報』だ;あの頃の『少年マガジン』は素晴らしい“総合雑誌”だった ほか)
  • 中学校時代(一九七一‐一九七四)—いよいよ雑誌にはまっていった(『週刊ベースボール』でヤクルトアトムズのペピトーンの顔を知った;『スクリーン』に載った幻の「荒野の七人」(第四作)の予告 ほか)
  • 高校時代(一九七四‐一九七七)—いわゆる「雑誌の時代」のリアルタイムでドキドキ(出来たばかりのBIGBOXの古本市で買った『COM』のバックナンバー;林静一が表紙デザイン担当だった『ガロ』が忘れられない ほか)
  • 予備校時代(一九七七‐一九七八)—いつのまにかに読書家になっていた(いかにして私は文春小僧となりしか;実は『面白半分』を愛読していたわけではない ほか)
  • 大学時代(一九七八‐一九八三)—チッと思いながらも実は新しいものも好きだった(“たしかに冬樹社という時代があった”『50冊の本』;『カイエ』『海』『ユリイカ』の三誌鼎立に何かが始まる予感があった ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85981967
  • ISBN
    • 9784101226323
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    370p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ