ジェイムズの多元的宇宙論

書誌事項

ジェイムズの多元的宇宙論

伊藤邦武著

岩波書店, 2009.2

タイトル読み

ジェイムズ ノ タゲンテキ ウチュウロン

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

二〇世紀初頭の大いなる転換期に、もう一つの宇宙意識、異なった宗教意識を求めて、人の心の「昼と夜」を探険した、類まれな精神の軌跡。多重人格や霊媒現象などの異常心理の研究から、宗教経験の世界へと分け入り、座礁寸前に追い込まれた理性が紡ごうとする新しい意味と、秘かな音楽に耳をすます。「科学から宗教へ」、巨大な落差を跳躍した経験は、やがて純粋経験の哲学と多元的宇宙論という、革命的な世界観に結実する。生と存在の根源としての純粋経験を包む、色彩と音楽と精神性にあふれた、曼荼羅のような多元宇宙。西田幾多郎、鈴木大拙、フェヒナー、宮沢賢治らと交差させつつ、理性と非理性のはざまを抜けて、いきいきしたヴィジョンのほうへと歩んだ思想の冒険を描き出す。

目次

  • 第1部 科学から宗教へ(理性と境を接するもの;『心理学原理』からの出発;多重人格と心霊研究)
  • 第2部 そして多元的宇宙のヴィジョンへ(神秘—理性と野生の音楽としての;純粋経験の世界;多元的宇宙)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89214391
  • ISBN
    • 9784000234603
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 273p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ