生物にとって自己組織化とは何か : 群れ形成のメカニズム

書誌事項

生物にとって自己組織化とは何か : 群れ形成のメカニズム

Scott Camazine [ほか] 共著 ; 松本忠夫, 三中信宏共訳

海游舎, 2009.4

タイトル別名

Self-organization in biological systems

生物にとって自己組織化とは何か : 群れ形成のメカニズム

生物にとって自己組織化とは何か : 群れ形成のメカニズム

タイトル読み

セイブツ ニトッテ ジコ ソシキカ トワ ナニカ : ムレ ケイセイ ノ メカニズム

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

原著 (Princeton University Press, c2001) の翻訳

引用文献: p485-514

その他の共著者: Jean-Louis Deneubourg, Nigel R. Franks, James Sneyd, Guy Theraulaz, Eric Bonabeau

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89593722
  • ISBN
    • 9784905930488
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiv, 532p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ