ヨーロッパのアール・ヌーボー建築を巡る : 19世紀末から20世紀初頭の装飾芸術

書誌事項

ヨーロッパのアール・ヌーボー建築を巡る : 19世紀末から20世紀初頭の装飾芸術

堀本洋一写真・文

(角川SSC新書, 067)

角川SSコミュニケーションズ, 2009.3

タイトル別名

ヨーロッパのアール・ヌーボー建築を巡る : 19世紀から20世紀初頭の装飾芸術

ヨーロッパのアールヌーボー建築を巡る

タイトル読み

ヨーロッパ ノ アール ヌーボー ケンチク オ メグル : 19セイキマツ カラ 20セイキ ショトウ ノ ソウショク ゲイジュツ

大学図書館所蔵 件 / 51

注記

主な参考文献: p205

内容説明・目次

内容説明

アール・ヌーボー建築の魅力を伝えた専門書は世の中にあまたに存在するが、カメラマンの視点で捉えたガイドブックは本書が初めてである。彼はイタリア・ミラノから公共機関の交通のみを利用して、ヨーロッパ各地を巡り、アール・ヌーボー建築の素晴らしさを撮り続けた。デジタルカメラが主流になった今日ではあるが、銀塩写真=アナログ写真の醸し出す色合いや圧倒的な迫力は、デジタル写真とは一線を画すものであり、100年経過した今でも建物の存在感を伝えてくれる。

目次

  • 第1章 スペインカタロニア地方のモデルニスム
  • 第2章 ドイツのユーゲント・シュティール
  • 第3章 ギュスターヴ・エッフェル
  • 第4章 ベルギーブリュッセルとアントワープのアール・ヌーボー
  • 第5章 スイスル・コルビュジエとシュタイナ
  • 第6章 イタリアのリベルティ
  • 第7章 イギリスのアーツ&クラフトとマッキントッシュ
  • 第8章 オーストリアのウィーン分離派
  • 第9章 オランダのアムステルダム派
  • 第10章 フランスのアール・ヌーボー

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ