書誌事項

なぜいま医療でメタ理論なのか

西條剛央, 京極真, 池田清彦編著

(構造構成主義研究, 3)

北大路書房, 2009.3

タイトル別名

An introduction to the structural constructivism in health care

タイトル読み

ナゼ イマ イリョウ デ メタ リロン ナノカ

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

註および文献: 章末

書籍紹介: p[229]-236

内容説明・目次

内容説明

難問山積の医療現場でメタ理論はどう使えるのか?第一線の医療者と語り合う構造構成主義の可能性。岩田健太郎・八杉基史・西條剛央の鼎談のほか構造構成主義の深化を示す論考多数。

目次

  • 第1部 特集 なぜいま医療でメタ理論なのか(鼎談 医療現場の諸問題を問い直す—構造構成主義は医療教育現場でどのように使えるか;参加体験記 看護学教育とSCQRM(構造構成主義);参加体験記 構造構成主義を学びたいすべての学生へ—自主ゼミを通して考えたこと)
  • 第2部 論文(原著論文(研究) 医療における構造構成主義研究の現状と今後の課題;原著論文(研究) 現象学によるデューイ経験哲学のアポリアの克服;原著論文(研究) 関心相関的妖怪論による妖怪学における信念対立の解消—当該領域の総合的な研究方法論の構築に向けて;原著論文(研究) 契機相関性の定式化へ向けて—構造構成主義におけるその都度性の基礎づけ;原著論文(研究) 構造構成的‐教育指導案構成法の提唱—実践知の伝承・継承・学び合いの方法論;原著論文(研究) 構造構成主義によるブルデュー理論の問題の克服試論—社会学における信念対立の解消へ向けて)
  • 第3部 書籍紹介(『共存の哲学』;『看護における理論構築の方法』;『ライブ講義 質的研究とは何か』ベーシック編/アドバンス編)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ