アメリカ文学における階級 : 格差社会の本質を問う

書誌事項

アメリカ文学における階級 : 格差社会の本質を問う

早瀬博範編著

(The sign of a good book)

英宝社, 2009.3

タイトル読み

アメリカ ブンガク ニオケル カイキュウ : カクサ シャカイ ノ ホンシツ オ トウ

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

監修: 田中久男

引用文献: 各論文末

内容説明・目次

内容説明

生まれながらにして「平等」を宣言するアメリカ。そこには「階級」がないというドグマがある。だが現実は「階級社会」そのものであり、経済格差、人種・ジェンダーによる差別、地域的差異が複雑に絡み合っている。精鋭な研究者たちが、アメリカ文学研究の盲点と欠落を埋める。

目次

  • 序論 アメリカ文学における階級—歴史的な概観と研究の問題点
  • 第1部 産業主義・資本主義(エマソンと奴隷制廃止運動;米国産業主義の光と影—スティーヴン・クレインの「怪物」と十九世紀末米国の電気恐怖の言説 ほか)
  • 第2部 人種・エスニシティ(『七破風の屋敷』における「中産階級」の形成と人種問題;ヘミングウェイと階級 ほか)
  • 第3部 ジェンダー(『持つと持たぬと』に見るヘミングウェイの階級意識—隠蔽された男性性喪失の恐怖;労働者階級とホワイトネス—カーヴァーの短編「ビタミン」に見る社会規範としての白人意識 ほか)
  • 第4部 地域性(スケープゴートの殺し方—フォークナーの階級意識と時代認識;儀礼化された近代/近代化された儀礼—「紅葉」と南部農本主義 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89781653
  • ISBN
    • 9784269730038
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    371p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ