野蛮から秩序へ : インディアス問題とサラマンカ学派

書誌事項

野蛮から秩序へ : インディアス問題とサラマンカ学派

松森奈津子著

名古屋大学出版会, 2009.5

タイトル別名

De la barbarie al orden : los asuntos de Indias y la Escuela de Salamanca

タイトル読み

ヤバン カラ チツジョ エ : インディアス モンダイ ト サラマンカ ガクハ

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

文献一覧: 巻末p17-36

内容説明・目次

内容説明

大航海時代を拓いたスペインにおいて、非ヨーロッパ地域の「野蛮」な人々とのあるべき関係をめぐり、新たな政治秩序を模索したサラマンカ学派。ラス・カサスにいたるその思想の展開を丹念に跡づけ、主権国家論に連なる近代の政治思想を問い直す。

目次

  • 序章 「もう一つの国家論」の生成
  • 第1章 近代政治秩序とインディアス問題
  • 第2章 理性と賢慮—インディオの本性
  • 第3章 政治権力の本質—インディアス支配の正当性
  • 第4章 正戦の要件—インディアス征服戦争の是非
  • 終章 「もう一つの国家論」の意義と課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ