キャラ化する/される子どもたち : 排除型社会における新たな人間像

書誌事項

キャラ化する/される子どもたち : 排除型社会における新たな人間像

土井隆義著

(岩波ブックレット, No.759)

岩波書店, 2009.6

タイトル別名

キャラ化するされる子どもたち

タイトル読み

キャラカ スル サレル コドモ タチ : ハイジョガタ シャカイ ニオケル アラタナ ニンゲンゾウ

大学図書館所蔵 件 / 335

注記

本書で触れた文献のリスト: p63

内容説明・目次

内容説明

価値観が多元化した社会で感じる閉塞感。気遺いに満ちた「優しい人間関係」のなかで圏外化におびえる恐怖感。ケータイやネット、家庭から学校といった日常は、過剰な関係依存と排除で成り立っている。子どもたちにとって、現実を生き抜くための羅針盤、自己の拠り所である「キャラ」。この言葉をキーワードに現代社会の光と影を読み解き、「不気味な自分」と向きあうための処方箋を示す。

目次

  • 第1章 コミュニケーション偏重の時代(格差化する人間関係のなかで;コミュニケーション至上主義)
  • 第2章 アイデンティティからキャラへ(外キャラという対人関係の技法;内キャラという絶対的な拠り所)
  • 第3章 キャラ社会のセキュリティ感覚(子どもと相似化する大人の世界;子どもをキャラ化する大人たち)
  • 第4章 キャラ化した子どもたちの行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ