書誌事項

円周率を計算した男

鳴海風著

(新人物文庫)

新人物往来社, 2009.5

タイトル読み

エンシュウリツ オ ケイサン シタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 10

収録内容

  • 円周率を計算した男
  • 初夢
  • 空出
  • 算子塚
  • 風狂算法
  • やぶつばきの降り敷く

内容説明・目次

内容説明

鎖国下の江戸時代、日本でも全く独自の方法で円周率の計算に躍起になった男たちがいた—算聖とうたわれた師関孝和との葛藤を経つつ、ついに円周率の公式を明らかにした天才算術家建部賢弘の苦闘の生涯…。歴史文学賞受賞・日本数学会出版賞受賞の表題作「円周率を計算した男」、大酒飲みの奇才算術家に振り回される平野忠兵衛夫婦の大晦日の夜を描いた「初夢」ほか、「空出」「算子塚」「風狂算法」「やぶつばきの降り敷く」の六篇を収録。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90568201
  • ISBN
    • 9784404037039
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    381p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ