書誌事項

身体の文学史

養老孟司著

(新潮選書)

新潮社, 2010.2

タイトル読み

シンタイ ノ ブンガクシ

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

新潮文庫 平成13年刊の改訂

内容説明・目次

内容説明

三島由紀夫の割腹とホムンクルスの関係とは。芥川龍之介はなぜ中世に惹かれたのか。深沢七郎の真骨頂は一体なにか。日本文学の「転換期」とはいつなのか。他に夏目漱石、森鴎外、小林秀雄、大岡昇平、石原慎太郎らの近現代文学の名作を、解剖学者ならではの「身体」という視点で読み直し、新たな歴史観を呈示する一冊。加藤典洋氏との対談を追加して選書化。

目次

  • 身体の文学史
  • 芥川とその時代
  • 心理主義
  • 文学と倫理
  • 身体と実在
  • 自然と文学
  • 深沢/七郎ときだみのる
  • 戦場の身体
  • 太陽と鐵
  • 表現としての身体

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ