書誌事項

教員評価の社会学

苅谷剛彦, 金子真理子編著

岩波書店, 2010.6

タイトル読み

キョウイン ヒョウカ ノ シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 286

注記

執筆者: 妹尾渉, 諸田裕子, 川上泰彦, 伊藤安浩, 河野銀子, 油布佐和子

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

教師の世界にも、能力開発を謳い、処遇にメリハリをつけようとする意図とも連動して、「新しい教員評価」制度が入ってきた。教職という仕事は、どのような項目と基準で、誰からどう評価されうるものなのだろうか。そこには、どのような留意が必要なのだろうか。評価する側だけでなく、評価される側にとっても納得感を得られる評価とは?そしてそのためには、どのようなしくみや環境が必要なのか。長期にわたり精力的に行われたフィールド調査に基づく論考から、教職という仕事の特質、困難、そして可能性が見えてくる、読み応えある論集。

目次

  • 序章 問題の設定と調査の概要—“改革”のプロセスから見えてくる教職という仕事
  • 1章 全国の「教員評価」実施動向から
  • 2章 教員評価制度改革の導入と「翻案」のプロセス
  • 3章 「新しい評価制度」は教員のやる気を向上させたのか
  • 4章 「新たな教員評価制度」が人事行政に与えたインパクト
  • 5章 教師たちは「スーパーティーチャー制度」をどう受けとめたのか
  • 6章 教師を通してみる教員評価
  • 7章 教師の能力観という“現場の文法”—教員評価制度への抵抗感の源泉
  • 8章 教師の成長と教員評価
  • 終章 教員評価から見えてくるもの—教える仕事の特質といかに向き合うか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB02399579
  • ISBN
    • 9784000225762
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 196p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ