近代日本と東南アジア : 南進の「衝撃」と「遺産」

書誌事項

近代日本と東南アジア : 南進の「衝撃」と「遺産」

後藤乾一著

(岩波人文書セレクション)

岩波書店, 2010.12

タイトル別名

近代日本と東南アジア : 南進の衝撃と遺産

タイトル読み

キンダイ ニホン ト トウナン アジア : ナンシン ノ ショウゲキ ト イサン

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

1995年1月刊の再刊

岩波人文書セレクションに寄せて: p347-353

内容説明・目次

内容説明

「南方」の内国植民地=沖縄と、「南進」の拠点=台湾の役割に着目し、近代以降の東南アジア像の変遷を跡づけながら、「南洋」(東南アジア・ミクロネシア)全域を射程に入れ、一九世紀末から戦後にいたる、「南進」の実相に迫る。日本が提唱した、日本の指導による「アジア解放」の理念を、独立への悲願に燃える東南指導者は、どう受けとめ、いかなる反応を示したか。アジア太平洋賞特別賞・NIRA政策研究東畑記念賞受賞作。

目次

  • 序章 近代日本の東南アジア像の変容
  • 第1章 沖縄・南進・漁業
  • 第2章 台湾と南洋—「南進」問題との関連で
  • 第3章 「濠亜地中海」の国際関係—ポルトガル領ティモールをめぐって
  • 第4章 「大東亜戦争」と東南アジア
  • 第5章 インドネシアにおける「従軍慰安婦」問題の政治社会学
  • 第6章 「対日協力」と抗日運動の諸相
  • 第7章 日本軍政の「衝撃」と「遺産」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ