カミュ

著者

書誌事項

カミュ

ヴィリジル・タナズ著 ; 神田順子, 大西比佐代訳

(ガリマール新評伝シリーズ世界の傑物, 6)

祥伝社, 2010.12

タイトル別名

Camus

タイトル読み

カミュ

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

解説: 岩切正一郎

原著 (Gallimard, c2010) の翻訳

関連年表: p401-410

内容説明・目次

内容説明

今や「異邦人」が偽りのない実感となり、時に「カリギュラ」のように叫び、「シーシュポス」のごとき日常を過ごす者にとって、早く生まれすぎ、時代に先駆けて逝った人が放つ光芒とは—。必要なのは破壊の連鎖たる革命ではなく、連帯を創造する反抗だ。あらゆるイデオロギーの呪縛を解きほどいた作家の、魂の遍歴。

目次

  • 第1部 海と太陽の申し子(父と母の時代;アルジェのリヨン通り;ならず者、貧乏人 ほか)
  • 第2部 エトランジェ(スカートと白手袋;写真のネガ;死すべき世界 ほか)
  • 第3部 反抗のアポリア(病者として生きる;パリは密林で、ここの野獣どもは見苦しい;創作してはならない歴史 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ