ドイツ現代史とキリスト教 : ナチズムから冷戦体制へ

書誌事項

ドイツ現代史とキリスト教 : ナチズムから冷戦体制へ

河島幸夫著

新教出版社, 2011.3

タイトル読み

ドイツ ゲンダイシ ト キリストキョウ : ナチズム カラ レイセン タイセイ エ

大学図書館所蔵 件 / 65

内容説明・目次

目次

  • 第1章 ナチスの政権掌握とカトリック教会
  • 第2章 バルメン宣言とその先駆け—プロテスタント教会のナチズム批判
  • 第3章 回勅「深き憂慮に満たされて」の背景と意義—教皇ピウス十一世のナチズム批判
  • 第4章 ナチス優生政策とキリスト教会—遺伝病子孫予防法(断種法)への対応
  • 第5章 キリスト教民主同盟・社会同盟—戦後ドイツの宗教政党
  • 第6章 戦後ドイツの教会と平和問題—プロテスタント教会の姿勢と活動

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ