書誌事項

ことばの裏に隠れているもの : 子どもがメタファー・アイロニーに目覚めるとき

エレン・ウィナー著 ; 津田塾大学言語文化研究所読解研究グループ訳

(言語学翻訳叢書, 第12巻)

ひつじ書房, 2011.2

タイトル別名

ことばの裏に隠れているもの : 子どもがメタファーアイロニーに目覚めるとき

The point of words : children's understanding of metaphor and irony

タイトル読み

コトバ ノ ウラ ニ カクレテ イル モノ : コドモ ガ メタファー アイロニー ニ メザメル トキ

大学図書館所蔵 件 / 195

注記

参考文献: p227-242

内容説明・目次

内容説明

本書は、子どものメタファー・アイロニーの習得過程、それらの習得がなぜ遅いかの解明への試みである。認知言語学などのメタファー研究、発達心理学の「心の理論」、語用論などのメタファー・アイロニー研究をユニークな視点で結びつけており、初等教育における日本語・英語の指導や、障害児の言語理解が注目される今こそ、研究者、学生、自閉症・アスペルガー症候群の子どもの教育者、子を持つ親に読んでほしい一冊である。

目次

  • 第1章 コミュニケーションにおけるメタファーとアイロニー
  • 第2章 メタファーとアイロニーに関する哲学的、言語学的アプローチ
  • 第3章 メタファーの理解と測定
  • 第4章 メタファー理解を制約するもの
  • 第5章 自発的発話にみられる子どものメタファー
  • 第6章 メタファーと認知
  • 第7章 子どもはアイロニーをどのように誤解するか
  • 第8章 アイロニー理解を制約するもの
  • 第9章 なぜ子どもたちはアイロニー以前にメタファーを理解するか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ