日本人はどのように仕事をしてきたか : 名著で読み解く

書誌事項

日本人はどのように仕事をしてきたか : 名著で読み解く

海老原嗣生, 荻野進介著

(中公新書ラクレ, 402)

中央公論新社, 2011.11

タイトル別名

名著で読み解く日本人はどのように仕事をしてきたか

タイトル読み

ニホンジン ワ ドノヨウニ シゴト オ シテキタカ : メイチョ デ ヨミトク

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

参考図書年表: p305-310

内容説明・目次

内容説明

仕事・給料・能力の来歴を知ろう。戦後「日本人の働き方を変えた」13冊を取り上げ、書評とともに、当時の社会を描く。『日本の経営』のアベグレン氏、『職能資格制度』の楠田丘氏、『日本の熟練』の小池和男氏など、名著の著者との往復書簡を通してカリスマの現在の視点を知る。新しい「働き方」を模索する一冊。

目次

  • 1 戦中〜戦後という奇跡的な時代環境が協調経営を形作った
  • 2 欧米型vs.日本型「人で給与が決まる」仕組みの正当化
  • 3 「Japan as No.1」の空騒ぎと、日本型の本質
  • 4 栄光の余韻と弥縫策への警鐘
  • 5 急場しのぎの欧米型シフトとその反動
  • 6 雇用は企業ではなく社会が変える

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB07244955
  • ISBN
    • 9784121504029
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ